大阪府高槻市の「まつい血管内科静脈瘤クリニック」。下肢静脈瘤レーザー治療(EVLA/EVLT)、足の血管のボコボコとしたコブ、足のむくみ、こむら返り、うっ滞性皮膚炎等、お気軽にご相談ください。

医療用接着剤(グルー)による新しい下肢静脈瘤治療『塞栓術』を始めました!

  • ホーム »
  • »
  • 医療用接着剤(グルー)による新しい下肢静脈瘤治療『塞栓術』を始めました!
院長コラム

医療用接着剤(グルー)による新しい下肢静脈瘤治療『塞栓術』を始めました!

ヴェナシール

血管内に専用のカテーテル(細い管)を挿入し、下肢静脈瘤専用に開発された医療用接着剤(グルー)を注入して、逆流している血管を塞栓する方法で、2019年12月に保険が適用された新しい治療法です。

血管内焼灼術と違い熱によるダメージがない為、焼灼術に比べ手術時や手術後の痛みや手術後の行動制限が少なくて済みます。

塞栓術

グルーにより閉塞した静脈は、数カ月かけて身体に吸収されなくなりますが、グルーは人工物なので吸収されにくく、固めた静脈に沿った形で長期間残ります。治療対象の静脈は皮下脂肪の下にある為、残ったグルーは見た目にはわからないですが、皮下脂肪が少なく、治療対象の静脈が皮下に見えているような脚の方だと、固めたグルーが目立つことがあります。そのような症例の場合は、固めた静脈が吸収されやすい血管内焼灼術が良いと思われます。

また、神経障害や疼痛などの合併症は焼灼術に比べ少なくて済みますが、塞栓物質であるシアノアクリレートに対するアレルギーが起こる可能性があるため、アレルギー体質の方にも不向きです。

静脈瘤の大きさや部位などによって、焼灼術やその他の治療法が推奨される場合もある為、当院ではよく検査した上で、より良いと思われる治療法を提案します。

気になる方は、一度ご来院、ご相談ください。

▲ページトップに戻る

まつい血管内科・静脈瘤クリニックロゴ

診療時間
09:00~12:00
13:00~17:00
17:30~19:00
□…手術

休診日 水曜、日曜、祝日

優先予約制

予約せずご来院の際は、予約状況により
受診いただけない可能性がございます

072-686-6000

〒569-1123
大阪府高槻市芥川町1丁目11-2 OSAKAYAビル3F

→GoogleMap

JR線「高槻」駅より徒歩約3分 阪急京都線「高槻市」駅より徒歩約12分

高槻市営バス「芥川商店街」バス停より徒歩約1分

PAGETOP
Copyright © 2022 まつい血管内科・静脈瘤クリニック All Rights Reserved.